バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は10日、岩手県営体育館などで第11節9試合があった。B2は今節から3地区による交流戦がスタート。香川は東地区6位の岩手を70―56で破り、2連勝。通算成績は5勝16敗で西地区5位。

 香川がウィリアムズの12得点、12リバウンドの活躍もあり交流戦初戦を飾った。第2クオーター、香川は敵陣から守備で圧力を掛け、岩手のミスを誘発。6点に抑えると、ウィリアムズがインサイドを攻めて9得点と気を吐くなど33―24で折り返した。

 第3クオーターも高田の連続得点でリードを広げ、最終クオーターは岩手のディフェンスに苦しみ、一時5点差まで追い上げられたが、残り約4...    
<記事全文を読む>