バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区最下位のレバンガ北海道は9、10の両日、北海きたえーるで名古屋Dと今季初対戦する。

 名古屋Dは12勝9敗で西地区2位。リーグ4位の410得点のバーレル、昨季までレバンガに所属したティルマンら強力な外国籍選手に加え、23歳の笹山ら若手選手を多く主力で起用しており、勢いに乗せたらやっかいだ。

 レバンガの水野監督は「ティルマンがいることで、うちの基本となる攻守のシステムは把握されていると思う。昨季よりも成長した部分を出したい」と連敗ストップを誓った。

 試合開始は9日が午後7時10分、10日が同3時。

...    
<記事全文を読む>