バスケットボール男子のBリーグが初めて開催するオールスター戦(来年1月15日・国立代々木競技場)。そのチーム分けを行う公開ドラフトが5日、都内で行われた。事前のファン投票によって選出された田臥勇太(栃木)や喜多川修平(琉球/桐光学園高出身)ら12選手が参加した。

 SNSによるファン投票で決まったチーム名は「B・ブラック」と「B・ホワイト」。ドラフトではBブラックのトーマス・ウィスマンヘッドコーチ(栃木)とB・ホワイトの伊藤拓摩ヘッドコーチ(A東京)らがチームに欲しい選手を発表。重なった場合は抽選や「逆指名」で獲得していった。

 指名重複選手となった喜多川は逆指名でB・ホワイトへ加入。「レ...    
<記事全文を読む>