バスケットボール男子のBリーグは4日、船橋市総合体育館などで6試合が行われ、東地区3位の千葉は中地区3位のSR渋谷に86-66で快勝。連勝を球団記録に並ぶ9に伸ばし、14勝7敗とした。

 千葉は立ち上がりから猛攻を続けた。第1クオーター(Q)でストーンを中心に28得点を集めると、以後は小野や石井もシュートを決め、第3Qに31得点。守備も光り、リードは一度も許さなかった。

 A東京は94-78で中地区2位の三遠を下し、東地区首位をキープ。栃木は74-68で西地区1位の三河に競り勝った。

 千葉の9連勝は創立2年目の2012~13シーズン以来4季ぶり。球団記録の10連勝を懸け、10日に敵地で三遠...    
<記事全文を読む>