バレーボール女子V・プレミアリーグの年に一度の県内での公式戦四試合が三、四の両日、大津市のウカルちゃんアリーナであった。同市を本拠地とする東レアローズの勇姿を見ようと、二日間で七千人が詰め掛け、会場は熱狂に包まれた。

 東レは、日立リヴァーレ(茨城県ひたちなか市)、岡山シーガルズ(岡山県)と対戦し一勝一敗だった。三日は、各セットとも23-25の接戦に持ち込んだが一歩及ばず、日立に0-3で敗れた。

 ホームでの勝利に期待が高まる四日は岡山と対戦。1セット先取後、2セット目を落とすと、歓声は一段と大音量に。東レが得点するたびに「東レ! 東レ!」「もう一本!」の声が地鳴りのように響いた。

 第3セ...    
<記事全文を読む>