バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは3日、アウェーの鹿児島県霧島市国分体育館で第20戦を行い、西地区最下位の鹿児島レブナイズに83-57で快勝し、連勝を今季最長の「6」に伸ばし、通算15勝5敗とした。順位は変わらず同地区3位。

 島根は安定した守備から山本、マーシャルらが内外のバランス良く得点を重ね、危なげがなかった。

 次節から中地区、東地区のチームとの交流戦がスタート。第21、22戦は10、11日、兵庫県三田市の三田駒ケ谷体育館で中地区2位の西宮ストークス(昨季NBL11位)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>