プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区5位=9勝11敗)は3日、宮城県のカメイアリーナ仙台で仙台89ERS(東地区4位=6勝14敗)と第2戦(今季第21戦)を行い、73―67で勝利した。第1クオーター(Q)からキングスは攻撃面で波に乗れず、シュートが連続で外れて得点が伸びなかった。第2Qは開始から5分以上も無得点に。それでもレイショーン・テリーが中距離のシュートを決め、岸本隆一はブザービーターの3点弾を沈めて前半を31―33で折り返した。第3Qは津山尚大の3点弾などで逆転に成功したが、勢いに乗りかけた場面でミスし、追い上げられた。キングスは最後まで苦しい戦いが...    
<記事全文を読む>