トンネルの出口が見えない。仙台が今季2番目に多い104失点。今季初めて得点が80点台に到達しても21点もの大差で敗れ、昨季bj王者の貫禄を見せつけられた。

 外国人出場枠が両チーム1の第3クオーターは、日本国籍取得選手の坂本の高さを生かし優位に立つはずだった。しかし、ふたを開けてみれば、リードを広げるどころか、逆転を許す。期待のクオーターを終えた時点で10点ビハインドを背負ったのは痛かった。

 坂本は味方との連係が合わず、ゴール下でパスを受けられない。外でボールを持っても、高さが生きない。やっとの思いで中でパスをもらってもミスからボールを失った。この日、まさかの無得点。守っても連係がかみ合...    
<記事全文を読む>