プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区5位=8勝11敗)は2日、宮城県のカメイアリーナ仙台で仙台89ERS(東地区4位=6勝13敗)と今季第20戦を行い、104―83で勝利、連敗を4で止めた。第1クオーター(Q)は仙台の守備の前に攻撃が停滞してリードを許した。ターンオーバーも重なって苦しい展開になったが、ラモント・ハミルトンや喜多川修平の得点で逆転に成功した。第2Qはインサイドのミスマッチを突かれて失点を重ねたものの、ハミルトンが奮起して41―43の2点差で前半を終えた。第3Qに岸本隆一が攻撃を引っ張って逆転すると、仙台のミスも重なってリードを広げた。第4Qも...    
<記事全文を読む>