男子バスケットボール・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズは3、4の両日、天童市の県総合運動公園アリーナで青森と対戦する。今節を終えれば、東地区以外のチームと戦う交流戦が来年3月中旬まで続く。主将の佐藤正成(山形南高出)は「いい流れで交流戦に臨めるように、ホームの歓声を受け2連勝したい」と意気込んだ。

 山形は2日、試合会場で調整した。11月のアウェー戦計2節は群馬と岩手と対戦し、ともに1勝1敗。棟方公寿ヘッドコーチ(HC)は「どちらとも2勝できた試合。守備やリバウンドで、チーム戦術を徹底できないなどの細かいミスがあった」と課題を口にした。

 青森との対戦は今季2回目。第4節のアウェー戦...    
<記事全文を読む>