バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は2、3の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で昨季bjリーグ優勝の琉球(西地区5位)と戦う。1日は仙台市のHALEOドームで約1時間半、練習した。

 対戦形式のメニューで攻守の連係を高めた。坂本がゴール下で体を張り、攻撃の起点となっていた。

 琉球は4連敗中で8勝11敗。得点力不足が響いているが、持ち味の攻守の切り替えの速さは健在だ。得意の3点シュートの成功率が26.9%にとどまる日本代表ポイントガード岸本の復調が鍵を握りそう。フォワード喜多川は精度の高い3点シュートでチームトップの1試合平均13.8点を挙げる。

 仙台は8連敗中でチームワーストを更新...    
<記事全文を読む>