サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第9日は29日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで準決勝2試合が行われた。J1王者の鹿島と、初制覇を狙う川崎が来年1月1日に大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで開催される決勝に進んだ。鹿島は、柴崎岳(野辺地町出身、青森山田出)がフル出場して2アシストと活躍、土居と鈴木の得点で横浜Mを2-0で退け、第90回以来6大会ぶりとなる決勝への進出を決めた。川崎は終盤、谷口の決勝ゴールで大宮を1-0で下して初の決勝進出となった。

...    
<記事全文を読む>