高円宮杯全日本ユースU―15選手権は28日、東京味の素フィールド西が丘で決勝を行い、北海道コンサドーレ札幌U―15は清水エスパルスジュニアユース(東海)に1―3で逆転負けし、初優勝を逃した。準優勝は7年ぶり4度目。清水は16年ぶり3度目の制覇となった。

 札幌は前半6分にDF安田のゴールで先制したが、その後3失点。反撃に出た後半は無得点に終わった。

...    
<記事全文を読む>