サッカーJ1仙台の元選手で、タイ・ディビジョン1リーグ(2部)のPTTラヨーンに所属するFW大久保剛志選手(30)=宮城県岩沼市出身=が、来年の日タイ修好宣言130周年に合わせてタイのテレビ局が制作するドラマ「Rock Letter(ロック・レター)」に出演する。東日本大震災後の仙台市などが舞台で、来年7月にタイで放映される予定。大久保選手は「タイ人が東北に目を向ける契機になるといい」と話す。

 ドラマは、2004年のスマトラ沖地震で亡くなった日本人から託された石を手掛かりにタイ人女性が来日し、この女性を含む2組の男女が恋愛や友情を育む内容。大久保選手は、亡くなった日本人の兄の若い頃の役...    
<記事全文を読む>