サッカーの高円宮杯全日本ユース(U―15=15歳以下)選手権は23日、茨城・ケーズデンキスタジアム水戸などで準々決勝を行った。史上2チーム目の全国3冠が懸かる清水エスパルスジュニアユース(JY)は、前年覇者のC大阪JY(大阪)に3―1で逆転勝ちし、13年ぶりに4強入りした。

 準決勝は26日、東京・味の素フィールド西が丘で行い、清水JYは横浜MJY追浜(神奈川)と対戦する。

 ▽準々決勝 清水JY 3(0―1 3―0)1 C大阪JY ▽得点者【清】山崎(なし)林(丸山)青島太(山崎)【C】吉田(奥村) ■8分で3点 鮮やか逆転 清水JYは8分間で3得点と畳み掛け、鮮やかに逆転した。0―1の...    
<記事全文を読む>