鹿児島県の三反園訓知事は19日の定例会見で、県有地のドルフィンポート敷地(鹿児島市)について、サッカースタジアム建設地には適さないとの見解を示した。ドーム球場、総合体育館、サッカースタジアムの3施設の整備を同時並行で検討する方針も明らかにした。

 サッカースタジアムの整備に意欲を示す同市の森博幸市長が同敷地を「候補地の一つ」としたほか、サッカー関係者からも期待の声がある。三反園知事は適さない理由に、桜島を望む景観の保護と自然災害時の避難所となる施設として海が近いことを挙げた。森市長と近く会談する予定で、整備に向け連携、協力する意向を強調した。

...    
<記事全文を読む>