県サッカー協会は17日、さいたま市内のホテルで「設立70周年記念の集い」を開催し、約250人の参加者が『サッカー王国』を支えてきた協会の節目を祝った。

 式典の冒頭では横山謙三埼玉県サッカー協会会長が「戦後間もなく蹴球連盟を立ち上げた先人の先を読む力を感じずにはいられない。30年間で12度の全国制覇を達成した高校サッカー、Jリーグを代表する二つのクラブチーム、代表の聖地となっている埼玉スタジアム2002と、埼玉は日本国内だけでなく世界にとどろくサッカー都市」とあいさつ。上田清司県知事、清水勇人さいたま市長、宮崎栄治郎県議会議長ら来賓がそれぞれ祝辞を述べた。

 式では埼玉サッカー界の歩みをつ...    
<記事全文を読む>