サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグ最終節は11日、大分市の大分スポーツ公園などであり、西地区の神戸弘陵高(兵庫)は大分ユースを2-1で下し、同地区の10チーム中7位に入って残留を決めた。神戸ユースは3位。

 神戸弘陵高は今季、兵庫県内の高校で初めて同リーグに参戦していた。9位の名古屋ユースと10位の大分ユースが自動降格する。

...    
<記事全文を読む>