群馬県立渋川青翠高教諭で、日本サッカー協会公認A級コーチジェネラルの資格を持つ小林俊文さんは27日から7日間の日程でカンボジアへ渡り、農村地帯に暮らす子どもたちにサッカーを指導する。

 小林さんのかつての教え子で、同資格を持つ渋川高教諭の大塚達夫さんも趣旨に賛同し、同行。

 「サッカーを知らない子に、ボールに触れる楽しさを伝えたい」と意気込んでいる。

...    
<記事全文を読む>