南木曽町の南木曽中学校で十日、東海社会人サッカーリーグ一部に所属する「FC岐阜セカンド」の監督を務めるラモス・ファビアノさん(31)を招いた小学生向けのサッカー教室が開かれ、南木曽小の児童約四十人が参加して汗を流した。

 ファビアノさんは元サッカー日本代表のラモス瑠偉さんの長男。同チームの勝野正之総監督が同町出身だった縁で、同町の総合型地域スポーツクラブ「なぎそチャレンジクラブ」の関係者がファビアノさんと知り合い、初めて開催された。

 参加者は三、四年と五、六年の二組に別れ、パスやドリブルなどの基礎練習に取り組んだ後、ミニゲームでファビアノさん率いるスタッフチームと対戦。角度のないところか...    
<記事全文を読む>