サッカーの東海社会人トーナメントは10日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場などで開幕した。県関係ではTSV1973四日市がBグループトーナメント1回戦を突破し、最終日の11日、Bグループ決勝で岳南Fモスペリオ(静岡)と対戦することが決まった。

 東海4県の各県社会人リーグ1部から上位2チームの計8チームがA、Bの2グループに分かれてトーナメント形式で対戦する。各グループ1位チームが、来季東海社会人リーグ2部に昇格する。

 県内からは、県リーグ1部優勝のTSV1973四日市と、2位の伊勢YAMATO FCが出場。BグループのTSV1973四日市はFCゴール(愛知)を4―2で下して初...    
<記事全文を読む>