サッカーJ3のグルージャ盛岡は15日、新監督に遠野市出身の元Jリーガー菊池利三(としみ)氏(43)が就任すると発表した。これまで主に中高生年代を指導し、Jリーグでの監督は初めて。今季限りで退任した神川明彦氏(50)に代わり、来年1月から指揮を執る。

 菊池氏は遠野高を卒業後、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)やガンバ大阪、広島などで主に左サイドバック、左MFとしてプレー。1996年アトランタ五輪アジア地区最終予選にも出場し、日本の28年ぶり五輪切符獲得に貢献した。

 2002年に現役を引退。03年から08年までヴェルディサッカースクール岩手花巻U-18の監督、03年から12年まで同U-15...    
<記事全文を読む>