サッカー明治安田J3(16チーム)、ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の間瀬秀一監督(43)が今季限りで退任する。2季目の今季は一時チーム初の首位に立つなど躍進、過去最高の4位に押し上げた。間瀬監督に躍進の要因やスタジアム整備の課題などを聞いた。

 ◇  ◇  ◇ 間瀬監督は就任直後のチームのムードについて「大学の同好会のようだった」と振り返る。「サッカーで飯を食っていくんだというプロ意識を高めることが必要」と感じ、まずは甘えの解消、プロ意識の向上といった意識改革に取り組んだ。それは2季目の今季、花開く。

 Jリーグの監督としてデビューした昨季は、後半にディフェンスラインを高く、コンパクトに保...    
<記事全文を読む>