サッカーJ3のAC長野パルセイロの次期監督に、J3鹿児島を今季率いた浅野哲也氏(49)の就任が有力となっていることが14日分かった。関係者が明らかにした。クラブが複数の候補者から浅野氏に一本化し、細部の交渉を進めている。

 浅野氏は茨城県出身。名古屋などでJ1通算204試合に出場し19得点。日本代表では8試合出場1得点。2001年に現役引退後、指導者となり、11年には当時J1の福岡でシーズン途中から監督を務めた。15年に当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた鹿児島の監督に就任。チームをJFL4位に導き、J3昇格を決めた。

 J3初参戦の鹿児島を率いた今季は5位。第12〜14節に...    
<記事全文を読む>