J3栃木SCは11日、宇都宮市のバンバ市民広場でファン感謝イベントを開いた。帰国したブラジル人選手2人とDF西村洋平(にしむらようへい)を除く23選手とチームスタッフが、集まったファンやサポーター約800人(主催者発表)と交流した。

 会場ではサイン会や写真撮影が行われ、来場者は選手たちにねぎらいと来季への激励の言葉を掛けた。広瀬浩二(ひろせこうじ)主将はあいさつで「この2年、皆さんと心から楽しめるファン感をできていないが、来季こそは笑顔でこの場に立てるようにまた頑張っていきたい」と巻き返しを誓った。

...    
<記事全文を読む>