サッカーJ3のAC長野パルセイロのゼネラルマネジャー(GM)に、元AC長野監督で今季J2北九州コーチだった美濃部直彦氏(51)の就任が決まったことが8日、分かった。クラブが近く発表する。美濃部GMの下で今後、退任が決まった三浦文丈監督(46)の後任選びが本格化する。

 クラブ側は、トップチーム(J3)やレディースチーム(なでしこ1部)など全部門を一体感を持って統括・運営できる人材として美濃部氏に期待。トップチームの強化担当のほか、レディースチーム、育成・普及事業の推進など全般を任せ、育成型クラブとして態勢を整える。

 AC長野は、11月7日に強化部長の神野卓哉氏(46)が退任。クラブは後任...    
<記事全文を読む>