秋田県は7日、サッカーJ2のライセンス取得が可能なスタジアムの新設に100億~150億円掛かるとの試算を示した上で、整備の可否について関係団体と協議する場を設ける方針を明らかにした。

 県内ではJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)がJ2昇格を目指しているが、1万席以上のスタジアム整備などライセンス取得要件を満たしていない。

 新設する場合の費用は、J2要件を満たす南長野運動公園総合球技場(長野県)や建設中の北九州スタジアム(福岡県)の整備費を参考に、土地取得費は除いて試算した。県スポーツ振興課によると、秋田市の八橋陸上競技場を改修する場合には20億~30億円掛かるという。
<記事全文を読む>