J2金沢との入れ替え戦に敗れJ3残留となった栃木SCの橋本大輔社長と横山雄次(よこやまゆうじ)監督、広瀬浩二(ひろせこうじ)主将が6日、県庁に福田富一(ふくだとみかず)知事を訪れ、今シーズンの報告を行った。

 栃木SCはリーグ終盤に首位の座を明け渡すと、2位で回った入れ替え戦に連敗。J2復帰はかなわなかった。

 横山監督はおわびの言葉を口にしながら、「全力を尽くした結果なので、しっかり反省して次につなげることが大事」と話した。広瀬主将は「何としても結果を出したかった。ことしできたこととできなかったことを整理して来季の糧にしなければならない」と巻き返しを誓った。

 福田知事は「結果は残念だが、...    
<記事全文を読む>