サッカーJ3のAC長野パルセイロがゼネラルマネジャー(GM)として、元AC長野監督で今季J2北九州コーチだった美濃部直彦氏(51)に就任を要請していることが3日、分かった。

 AC長野は、11月7日に強化部長の神野卓哉氏(46)が退任。クラブは後任のポストとして置くGMの候補者として、複数の中から美濃部氏に絞り込んだ。GMは、トップチーム(J3)の強化担当だけでなく、レディースチーム(なでしこ1部)の管理運営や、育成・普及事業の推進など全般を任せる。

 美濃部氏は、滋賀県出身。J1・J2の京都で育成部門コーチや監督を務めた後、2008年からJ2徳島で4季監督を務めた。13年にAC長野の監督...    
<記事全文を読む>