サッカーJ3のAC長野パルセイロは2日、J3相模原へ7月に期限付き移籍していたFW近藤祐介(31)と、契約満了に伴い来季の契約を更新しないと発表した。

 昨年7月にJ2北九州から移籍加入した近藤は今季、AC長野で6試合、相模原で10試合に出場した。相模原も同日、移籍期間満了を発表した。

 近藤はクラブを通じ「1年間温かい声援をいただき感謝している。来季こそJ2昇格が達成できることを願っている」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>