デーリー東北新聞社は22日、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸と、2017年のオフィシャルパートナー契約を結んだ。14年から4年連続。ホーム開幕戦を含む4試合を本社冠試合として実施するほか、さまざまなイベントで連携し、J3昇格に向けて地域の盛り上がりを後押しする。

 運営会社の細越健太郎代表が同日、八戸市の本社を訪れ、荒瀬潔社長と契約を交わした。

 細越代表は「観戦していただく皆さまに楽しんでもらえるよう得点力を増やさなければならない」と力を込めた。来季指揮する柱谷哲二氏の下、「高さや強さ、特徴ある選手を加え、勝ち点を伸ばしていけるチームにしたい」と強調した。

 荒瀬社長は「...    
<記事全文を読む>