来季からJ3に参入するアスルクラロ沼津は11日夜、2016年シーズンの報告会を沼津市内のホテルで開いた。スポンサーや関係者に支援への感謝を伝えるとともに、J3での健闘を誓った。

 山本浩義代表は「東部にJリーグクラブをつくるという悲願を達成できたのはスポンサーや行政、サポーターらの支援のおかげ」とあいさつした。

 報告会では今季の戦いを振り返ったほか、J3参入を祝して山本代表らへの花束贈呈を行った。

 来季のチームづくりについて吉田謙監督は「J3で上位5チームに食い込めるよう、攻撃力を磨く必要がある」と言葉に力を込めた。来季の動向が注目される中山雅史について山本代表は「(契約更新の)オファー...    
<記事全文を読む>