日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸は8日、北信越リーグ1部に所属するサウルコス福井から、MF福島翔太郎(22)、FW谷尾昴也(24)の2選手が移籍加入したと発表した。

 福島は177センチ、68キロで千葉県出身。関東一高、桐蔭横浜大を経て福井に入団。昨年は関東大学リーグのベストイレブンに選出された。

 谷尾は179センチ、73キロで鳥取県出身。米子北高からJ1川崎フロンターレに入団。当時J2のガイナーレ鳥取などを経て、昨季から福井でプレーしていた。

 ヴァンラーレ関係者によると、福島は対人守備に優れ、競り合いの強さが武器。谷尾は、空中戦の強さや前線でのボールの収めどころとして...    
<記事全文を読む>