サッカーのアマチュア王者を決める第18回日本フットボールリーグ(JFL)のチャンピオンシップ(CS)は4日、ホームアンドアウェー方式の第2戦を浜松市都田サッカー場で行った。第1ステージ覇者・流通経大ドラゴンズ龍ケ崎(ドラゴンズ)は0-1で第2ステージ覇者・ホンダFCに敗れ、対戦成績1分け1敗で準優勝だった。

 ドラゴンズは後半15分に右クロスから失点。その後はサイド攻撃から好機をつくったが、1点が遠かった。リーグ参戦2年目の今季は第1ステージを制してCSに進出。初の県勢、大学生チームでの優勝には手が届かなかった。(岡田恭平)

...    
<記事全文を読む>