来季J1に復帰する清水は29日、J1仙台の元日本代表GK六反勇治(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

 六反は鹿児島県出身。熊本国府高から2006年にJ2福岡入りし、12年にJ1横浜M、15年にJ1仙台に移籍した。188センチと長身で、反射神経にも優れる。精度の高いキックも持ち味。J1通算64試合、J2通算23試合出場。今季は仙台で13試合に出場した。

 六反はクラブを通じ、「一日でも早くチームになじみ、力になれるようトレーニングに励む」と抱負を語った。

...    
<記事全文を読む>