サッカーJ2のFC岐阜の新監督に就任する大木武氏(55)が22日、岐阜市内で本紙の取材に応じ「観客が楽しめる試合をしたい」と意気込みを語った。

 -監督を引き受けた経緯は。

 今季の最終戦後に、クラブから「監督を引き受けてくれないか」と連絡があった。たくさんいる指導者の中で自分を選んでくれたのは光栄なこと。断る理由は無く、喜んで引き受けた。自分も、もう一度Jリーグで監督をやってみたかった。

 -J2の魅力とは。

 それなりにレベルの高い選手がいるということ。国内では二番目に強いリーグ。J1と比べてもJ2は、昇格を目指す選手たちの「がっつり感」が違う。

 -チームは昨今、失点を重ねて下位に低迷して...    
<記事全文を読む>