J2ファジアーノ岡山は20日、FW押谷祐樹(27)が来季からJ2の名古屋に移籍すると発表した。押谷は2013年の加入以降、4季連続チーム得点王だった。

 J1磐田から加入し、4年間でリーグ141試合43得点。高い決定力と前線からの激しい守備で主力として活躍した。今季はリーグ35試合で自己最多14点を挙げ、J1昇格プレーオフ準決勝の松本戦で先制点も決めた。J2通算218試合62得点。静岡県出身。

 押谷はクラブを通じ、目標のJ1昇格を逃した責任を痛感しつつ「自分の残りのサッカー人生を考えた時、さらにスキルアップするために新しい環境でチャレンジしたいと思った」と移籍の理由を説明。「どんな時でも...    
<記事全文を読む>