サッカーJ2ロアッソ熊本の清川浩行監督(49)が来季も続投することが19日、確実になった。クラブの続投要請に対し、清川氏が受諾する意向を伝えた。近く正式発表される見込み。

 クラブ側は熊本地震の影響による延期試合が組み込まれた夏以降の連戦を乗り切り、残留を果たしたことを評価し、引き続き指揮を執るよう要請。来季のチームづくりの方向性について、クラブ側と話し合いを続けた上で続投が最終的に決まった。

 清川浩行監督は小野剛・前監督の退任を受けヘッドコーチから昇格し、トップチームを今季初めて率いた。開幕直後からリードした試合終盤に守備固めを図るなど手堅い手腕を発揮。開幕5戦を終え、初の単独首位に立...    
<記事全文を読む>