サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は17日、松本市大手4の旧飲食店を改装し、来年2月下旬に「喫茶山雅」をオープンすると発表した。クラブのルーツとなった松本駅前の喫茶店「純喫茶山雅」の復活を望む声があり、検討していた。サポーターらが集う場所を想定しており、純喫茶の常連だった人たちからは歓迎する声が聞かれた。

 純喫茶山雅は1965(昭和40)年に故山下忠一さんが松本駅前で営業を始めた。常連客らがつくった同好会「山雅クラブ」が現在の松本山雅の前身。純喫茶は駅前開発に伴い、78年に閉店した。

 純喫茶開店から50年余を経て、国宝松本城の近くに開店する喫茶山雅は、1階を食事やコーヒー、アルコール類...    
<記事全文を読む>