来季の続投が決まったサッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督(52)のトークショー(信越放送主催、信濃毎日新聞社共催)が15日、松本市のまつもと市民芸術館であった。反町監督が好んで使う言葉「一心」に込められた意味や今季の戦いを映像や図を使って説明。約1600人が聞いた。

 「一心」はチームスローガン「OneSoul(ワンソウル)」を日本語で示す言葉。ひたむきに、ぶれずに闘う「一心不乱」、複数の人たちが心も体も一つになるほど結び付く「一心同体」などの言葉に通じると解説した。その上で、苦しい練習に耐えてこそ、一瞬の勝負に勝てるとした。

 今季の戦術については「守備」「攻守の切り替え」「攻撃」の観...    
<記事全文を読む>