サッカーJ2で今季6位となり、初のJ1昇格プレーオフ進出を果たしたファジアーノ岡山の「ファン感謝デー」が10日、岡山市北区北長瀬表町の岡山ドームで開かれた。過去最多の約3100人が来場し、サイン会やステージショーなどを通じて選手と触れ合った。

 木村正明社長や長沢徹監督らスタッフ、選手41人が登壇し、今季限りで退団する主将岩政大樹選手らが今年の熱い声援に感謝。サイン会のコーナーには色紙やユニホームを手にした大勢のファンが列をつくり、選手と握手を交わし、ねぎらいの言葉を掛けていた。

 ステージショーでは、芸能人や漫画のキャラクターに扮(ふん)した選手たちが登場したほか、チームメートのものまね...    
<記事全文を読む>