J2清水のMF本田拓也(31)が、J2山形に完全移籍する見通しとなった。本田は10日、「必要とされているところに行きたい気持ちが強かった。難しい決断だったし、7番を引き継ぎながら、伊東さん(輝悦、J3秋田)を超えられなかったことは心残り」と話した。

 本田は2008年に法大から清水入り。同年、北京五輪に出場し、日本代表にも選出されたが、11年に鹿島へ完全移籍。13年途中に清水に復帰した。J1通算145試合4得点。今季はJ2で19試合に出場した。

...    
<記事全文を読む>