来季からサッカーJリーグ1部(J1)に復帰する清水エスパルスは7日、静岡市内でボランティア慰労懇親会を開いた。小林伸二監督と32選手が、約200人の出席者に今季の活動をねぎらった。

 参加したのは主催試合でチケットもぎりや案内係などを務める「パルちゃんクラブ」と宣伝や集客活動を行う「スタジアムオレンジ化推進委員」、「列整理ボランティア」の各団体に所属するメンバー。選手らと交流を深め、2年ぶりにJ1で戦う来季はさらに魅力あるクラブづくりを目指し意見交換した。

 大前元紀主将は「1年でJ1に昇格できたのは、みなさんの協力があったからこそ。来年も喜んでもらえるように精いっぱい頑張る」とあいさつし...    
<記事全文を読む>