「何としても主力選手は残したい。ただ、それだけでは苦戦する。当然、補強は必要」。チーム編成の構想を描く大分トリニータの西山哲平強化部長は心境を明かす。来季のJ1、J2、J3の参戦チームが確定して移籍の動きも本格化している。大分は2年ぶりのJ2に、どう挑むのか。

 “ミスタートリニータ”FW高松大樹が現役引退した。西山強化部長が「高松がいなくなって初めて味わう何かがあるはず」と話す精神的支柱が抜けた穴は大きい。片野坂知宏監督も「結果にこだわってチームのために戦い続けていた。その姿勢を受け継いで新たなトリニータをつくっていかなければ」とチームの新たな姿を模索する。

 シーズン終了後、大分はMF...    
<記事全文を読む>