サッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督(52)は5日、来季の続投が決まったことを受け、「いばらの道になることは承知の上で、もう一回チャレンジしたい」と決意を語った。

 この日はホームタウンとなっている塩尻市など4市町を回ってシーズン終了のあいさつをした後、松本市内で報道陣の取材に応じ、「目標のJ1に上がれなかったが、私にも意地がある。仕事人としてのプライドがあった」と、クラブからの続投要請を受諾した理由を語った。

...    
<記事全文を読む>