来季こそ夢の舞台へ―。4日に大阪市であったサッカーJ1昇格プレーオフ(PO)決勝に臨んだJ2のファジアーノ岡山はC大阪に敗れ、J1への道は断たれた。準決勝に続く雨中の激闘。勝利を信じ最後までイレブンに大声援を送り続けたサポーター約3500人の頬を、冷たい雨と無念の涙が伝った。

 試合終了を告げる長いホイッスルが鳴る。歓喜に沸く相手サポーターを横目に岡山のファンはぼうぜんと立ち尽くした。J1入りを目前にしたかつてない興奮、敗れた悔しさ、チームへの感謝…。さまざまな思いがそれぞれの胸に押し寄せる。岡山市、会社員女性(24)は「POまで来られただけでもすごいこと」。優しさにあふれたまなざしをピ...    
<記事全文を読む>