サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は5日、反町康治監督(52)が来季も指揮を執ることが決まったと発表した。反町監督は「来季は勝ち点1の重みを認識した中でチャレンジをしていく」とコメントした。クラブがJ2に参入した2012年の就任から6年目となる来季は3年ぶりのJ1昇格に挑む。

 反町監督はJ2の1年目で12位、2年目で7位と順位を上げ、3年目に2位でJ1初昇格へと導いた。J2参入から3年でのJ1昇格は過去最速だった。昨季はJ1で年間16位に終わり、1年でJ2に降格した。

 今季は最終盤で2位から3位へ後退。2位の清水エスパルスに勝ち点で並びながら得失点差でJ1自動昇格を逃し、最後のJ1昇格...    
<記事全文を読む>