J2ファジアーノ岡山はC大阪とのJ1昇格プレーオフ(PO)決勝を翌日に控えた3日、岡山市の政田サッカー場で約1時間半、最終調整を行った。

 練習は大半が非公開でC大阪を想定し、セットプレーを繰り返した。最後のシュート練習のみ一般公開され、FW豊川、MF矢島らがネットを揺らすと、ファンから拍手がわき起こった。リーグ6位のファジアーノが昇格を果たすには、規定により4位のC大阪に90分で勝つしかない。長沢監督は「一発勝負は何が起こるか分からない。自分たちの流れ、土俵に持ち込みたい」と決戦を見据えた。

 練習後は選手とハイタッチを交わすファン約250人が長い列をつくり、「頑張ってください」などとエ...    
<記事全文を読む>