サッカーJ2松本山雅の反町康治監督(52)は1日、松本市のかりがねサッカー場で行った今季最後のチームミーティング後、報道陣の取材に応じ、自身の進退について「(J1昇格を逃して)放心状態が続いている。まだ自分の中で整理がつかない」と話した。

 クラブ側から続投を求められていることに対し、反町監督は「(J1昇格の)目標を達成できなかったにもかかわらず、そういう話をいただくのは指導者としてありがたいこと。前向きに捉えたいと思うが、まだ整理がつかない」と述べた。

 リーグ戦3位でJ1自動昇格を逃したチームは、27日のJ1昇格プレーオフ初戦で岡山に敗れ、今季の全日程が終了。この日はプレーオフの敗戦後...    
<記事全文を読む>