サッカーJ2・モンテディオ山形の新スタジアム整備に向け、基本計画を決めて資金を調達し、建設後の運営にも携わる株式会社が設立されることになった。民間主導の新会社で、早ければ来年1月にも立ち上げる。整備の事業主体設立の検討委員会が30日、天童市のNDソフトスタジアム山形で第1回会合を開き、方針を決めた。

 この日は県内の経済、金融、スポーツ、報道の各分野の委員とオブザーバーの県関係者の計12人が出席した。寒河江浩二県経営者協会長(山形新聞グループ経営会議議長)が委員長に互選され、委員の横内崇モンテディオ山形取締役新スタジアム推進室長と会合終了後に取材に応じた。

 寒河江委員長は「スタジアムを造...    
<記事全文を読む>